住み替え・買い替えによるマンション売却

お子さんが大きくなって手狭になりマンションから一戸建てへ、
お子さんの結婚・独立でそれまでの広さがいらなくなり、マンションからマンションへ などなど・・・。

具体的な理由はさまざまですが、住み替え・買い替えのためにマンションを売却するという方は、マンション売却の理由として最も多いのではないでしょうか?

この場合ポイントとなってくるのは、売ってから買うか、買ってから売るか、
はたまた売るのと同時に買うか。なんだかあたりまえのことなんですが、
これって結構重要であると同時に、結構悩めるところです。

といいますか住み替えること自体が目的なので、
その順序について悩むだけの余裕があるともいえますね。

  1. マンション売却と同時に新居を購入
  2. マンションを売却してから新居を購入(売り先行型)
  3. 新居を購入してからマンションを売却(買い先行型)

①マンション売却と同時に新居を購入

マンション売却と同時に新居を購入する場合には、まず引っ越しが一度で済むので、手間も費用も少なく抑えることができる点が大きなメリットです。
しかしマンション売却は仲介での売り出しがほとんどで、買主が現れるまではマンションは売れないことになり、新居を購入するタイミングも見極めにくいため、計画的にまったく同じタイミングにするのはかなり難しいのが現実です。

仲介で売りに出しておいて、ある時期までに売れなかったら買取に変更できる、
買取保証をつけられる不動産業者もあります。

②マンションを売却してから新居を購入(売り先行型)

マンションを売却してから新居を購入する場合、売却から購入までの期間、仮の住まいが必要になり家賃が発生するほか、引っ越しを2度行わなければならないという点が、大きなデメリットといえます。
しかし、売れてからの購入なので、新居の購入について物件の選定から余裕をもって計画できる点は反対に大きなメリットとなります。

新居購入にあたって【買い替え特約】【停止条件付売買契約】といった、売却が成立した時に初めて契約が成立するといった特約をつけておくという方法もあります。
これは上記の「マンション売却と同時に新居を購入」する場合にも有効な手段なので覚えておきましょう。

③新居を購入してからマンションを売却(買い先行型)

新居を購入してからマンションを売却する場合、新居に引っ越してから売却活動が行えるので、部屋を空にしてからの内覧が可能な点は大きなメリットです。
しかし、住宅ローンが残っていて、新居の購入もローンの場合には「2重ローン」「ダブルローン」ともいわれる2つのローンを同時に支払わなければならないため、負担が大きくなってしまいます。そして新しくローンを組む際の審査も通りにくくなる点がデメリットといえます。

ほとんどの場合住宅ローン残債あり

これらのうちどれが一番良いのか?
それぞれメリット、デメリットがあり、一概にどれが良いといえるものではなく 結局のところ住宅ローン残債があるかないかがネックになってきます。

・今現在住んでいるマンションに住宅ローン残債があるか
・残債がある場合には一括で支払うことが可能か

もちろん住宅ローン残債がないという場合には問題ありませんが、
マンションは高額な買い物ですから、多くの場合長期の住宅ローンを利用しての購入であることが多く、マンション住み替えのタイミングにまだ住宅ローン残債があるケースがほとんど。

基本的にこのローンを一括返済しなければ抵当権を抹消できないので、 マンションの売却金額でローン残債を補填するか、自己資金で補填するかで完済しなければマンションは売却できないことになります。

まずはローン残債とおおよその売却金額、そして自己資金がいくら用意できるか?
もう一度チェックしてみましょう。HOME4Uの一括査定なら申し込みフォームに 「住み替え物件を紹介してほしい」という選択肢も用意されているので、売却査定と同時に新居を探すことも可能です。

HOME4Uはもちろん、一括査定サイトはマンションがいくらで売れるのか知りたい、というだけでも完全無料での利用が可能ですから、売却予想額を知るために利用することも可能です。

住宅ローン残債があっても売却できる住み替えローン

住宅ローン残債がある場合には、基本的には売却ができませんが、残債分と新規のローン分をまとめて借りる住み替えローンなら、残債があっても売却可能です。 ある意味裏技みたいなものですね。

しかし、新居の分の借り入れと、残債を一括して借り入れることになり、金額も大きくなるため、その分審査も厳しくなります。そういった点ではある程度残債が小さくなっている場合や、収入に余裕がある方なら住み替えローンという選択肢もアリですね。

住み替えに強い一括査定サイトは?

住み替え・買い替えによるマンション売却に強い一括査定サイトは?
マンションから一戸建てへの住み替えという場合なら、上であげたHOME4Uに加えて マンションだけでなく一戸建ても取り扱っているイエウールがあります。
住み替え先となる新居についての物件情報も、同時に相談にのってもらえるので、売却査定と同時進行することが可能といえます。

また、首都圏での住み替えの場合なら、東京、神奈川、千葉、埼玉のマンション、一戸建てを取り扱っているソニー不動産もおすすめです。一括査定ではありませんが、地域に特化した営業なので、首都圏エリアの物件に強くいのが大きな特徴といえます。