築古のマンションは現状渡しの買取に向いている?築30年~築60年の中古マンション売れる時期は?

仲介によるマンション売却を考えた場合、築年数30年以上等のいわゆる築古の老朽化マンションでは、建物そのものはもちろん室内の設備も古いので、現状渡しではなく売主が費用を負担してリフォームを行ってからでないと売れないのでは?と売却そのものを諦めてしまう方も多いかと。

ちなみにリフォームしてから売るほうが売りやすいことは確かですが、
例えば300万円かけてリフォームを行ったとしても、300万円上乗せした売却価格で売れるとは限りません。

  • リフォーム費用を上乗せした金額で売れるとは限らない

マンション売却とリフォームについては、下記のページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

マンションを売るために必要なリフォーム費用をしっかりと把握するならリショップナビで一括無料見積り

築年数の経過したマンション売却にあたってリフォームを行う場合どの程度のリフォームが必要か?
また、どの程度の費用でリフォームが可能なのか?

しっかりと把握しておくことが重要です。

リフォームに関しても、複数のリフォーム会社に一括見積りが可能なサイトの利用がおすすめです。

リショップナビなら、全国1200社以上もの厳選されたリフォーム会社と提携し、
それらの会社を複数比較し、最大5社までの無料見積を行うことが可能です。

リショップナビで一括無料見積りする リショップナビで一括無料見積りする

築30年、築40年、築50年、築60年などの築古物件は仲介では売れない?中古マンションの買取

特に1981年以前の旧耐震基準の物件では、建物そのものの構造から変更することはできないので、仲介では売れないといったらいい過ぎかもしれませんが、それ以降の新耐震基準に合致した物件よりもさらに売れにくいといえます。

1980年代前半に建てられたマンションの場合、具体的な建築年数を売買契約書などで確認してみる必要があります。

では買取での売却ならどうでしょう。
買取の場合は仲介の6割~8割程度の売却金額となるものの、現状渡しでの売却が基本となるので、リフォームを行わなくても売れないというリスクはありません。 そういった意味では、築古マンションの売却では仲介よりも買取のほうが向いているといえます。

古いマンションならなおさら!売れないと放棄する前にまずは売却査定を

築年数がマンションの売却価格に大きく影響することは言わずもがな。
新築や築浅物件よりも安くなってしまうのは仕方のないことですが、それでもできるだけ高く売りたいもの。まずは不動産業者に査定してもらって、相場価格を知ること、売却査定相場を調べることが大切です。

いくらで売却可能なのか?およその金額がわからなければ、仲介で売るのか?買取のほうが良いのか?判断する基準がありません。

一度の申し込みで複数社への一括査定が依頼できるHOME4Uがおすすめです。 築古マンションを仲介で売るか?買取で売るか?お悩みなら、実際に売却するかは別として売却相場を知るためだけでも無料で利用できる、HOME4Uで査定額を調べてみましょう。

HOME4Uで一括査定する HOME4Uで一括査定する

築60年経過したマンションの売却額・資産価値

マンションの市場価値は新築状態をピークにどんどん下落します。
一度でも誰かが入居してしまえば中古マンションです。

築年数20年ぐらいまでは順調に下落して、それ以上になるとある一定の水準で安定します(その後はゆるやかに下落します)。この点から考えると築20年以上のマンションでは、築30年であっても築60年であっても、売却金額はそれほど大きな違いは現れないといえます。

  • 築20年以上のマンションは一定水準で安定

不動産業者が買取る場合なら、
その売却価格が売主の希望する金額であるかどうか、
買取ったマンションが再販できるかどうかは別として、一定水準の金額で安く仕入れられる物件であるということなのです。

買主の需要が望めるリノベーションマンション

ではマンション購入を考えている方、つまり買主側の立場になって考えてみましょう。 新築のピカピカのマンションを買えるならそれにこしたことはありませんが、 それぞれ予算の上限があり、その中でできるだけ安く購入したいのは当然です。

近年注目されているのが、築年数の古いマンションに大幅に手を加えたリノベーションマンション。新築と比較してはるかに安く購入できる上、買主の予算や趣味、ライフスタイルなど、好みにあわせて自由に内装を設定できるという点が大きな魅力となっています。

  • リノベーションマンションは買取での仕入れが多い

こういったリノベーションマンションの多くは、不動産業者が買取によって現状渡しの状態で仕入れ、販売時に手を加えるというケースが多くみられます。

また大掛かりなリノベーションまでいかなくても、一般的な内装のリフォームを不動産業者が行って再販売するといったケースも多くあります。築古マンションをスムーズに売却したいなら買取という選択肢も視野に入れておくべきといえます。

古いマンションでも立地条件が良ければ高く売れる可能性も

マンションの売却価格を考える上で、
築年数と同等かそれ以上に大きな要素となるのが立地条件です。

最寄駅から徒歩5分~10分圏内といった立地条件の物件なら、築年数30年超の築古物件でもある程度の需要が見込まれます。

特に首都圏近郊で駅から近いなどの立地条件の良いマンションならなおさら。
こういった物件の売却査定でおすすめできるのがソニー不動産です。
東京、神奈川、千葉、埼玉での仲介による売却に特化しているため、築年数の古いマンションでも立地条件の良い物件であれば、仲介による売却でより高く売れる可能性があります。

首都圏近郊の築古マンションで、仲介か買取かお悩みなら、まずはソニー不動産の売却査定でいくらで売れる可能性があるのか?調べてみてはいかがでしょうか。

ソニー不動産に査定依頼する ソニー不動産に査定依頼する

物件掲載数ナンバーワンのポータルサイト、ライフルホームズの一括査定

ライフルホームズは掲載料を反響課金制とすることで、物件掲載数ナンバーワンとして知られる国内最大級の不動産ポータルサイト。
そのライフルホームズでは一括査定サービスも行っています。

もともとHOME'Sというブランド名で運営されていて、2017年の4月にライフルホームズへと生まれ変わりました。

HOME'S時代からずっと一括査定サービスを行っており、その信頼性は折り紙つき。
あらゆる不動産情報を取り扱っているノウハウを活かして、その一括査定についても安心してご利用できます。

もちろん完全無料ですから、もしも一括査定で迷ったならライフルホームズの一括査定をおすすめします。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)で一括査定する LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)で一括査定する

マンションの取引に特化したマンションナビ

数ある不動産一括査定サイトの中でも、
マンションの取引に特化しているのがマンションナビ

マンションを売却するなら、マンション取引に特化している一括査定サイトがおすすめなのはいうまでもありません。
一括査定でより高い査定額を出した不動産業者の中から、依頼する業者を選びましょう。もちろん完全無料で利用可能です。

マンションナビ(.navi)で一括査定する マンションナビ(.navi)で一括査定する

提携社数業界No.1イエウールで一括査定

イエウールは提携する不動産会社1400社と、
業界ナンバーワンの提携社数を誇る一括査定サイト。

ただ提携している社数が多いというだけでなく、利用者からのクレームが多い業者は契約を解除するなど、独自の基準でよりよい不動産会社のみと提携しています。

あなたのマンションをより高く査定してくれる不動産会社がこの中にあります。
もちろん完全無料でご利用可能です。

まずは一括査定サイト、イエウールでより多くの査定価格を調べてみましょう。

イエウールで一括査定する イエウールで一括査定する