マンション売却ではスーモ、アットホーム、ホームズなどポータルサイトへの掲載が重要

ひと昔前までのマンション売却では、店頭や新聞などへの折り込みチラシ、不動産情報誌などに掲載される物件情報をもとに、購入希望者が中古マンション物件を探していました。

近年ではやはりネット上のポータルサイトで物件を探すのが主流となっていて、こういったポータルサイトに掲載されているかどうかで、希望する価格・時期にマンションが売却できるかどうかに大きな違いが出てきます。

不動産業者を選ぶ際には、ポータルサイトへの掲載があるのか?
またその場合、どのポータルサイトへの掲載なのか?を確認しておきましょう。

マンション売却で利用したい代表的な不動産ポータルサイト

不動産ポータルサイトは数多く存在しますが、
売買と賃貸と不動産取引を全般的に取り扱っているサイトのほか、
売買物件のみ、もしくは賃貸物件のみ取り扱っているサイトなどさまざまです。

マンションを売るために物件を掲載するならば、
マンション売却に強いポータルサイトにこだわりたいところ。
まずは代表的な不動産ポータルサイトを挙げておきましょう。

マンション売却でおすすめの不動産ポータルサイトは?

上で代表的な不動産ポータルサイトを挙げましたが、この中からマンション売却におすすめの不動産ポータルサイトを選ぶならズバリ、スーモ(suumo)とホームズ(HOME'S)です。

物件掲載数においてもアクセス数においても、この二つのポータルは他よりもずば抜けています。購入希望者へのアピール力の高いポータルサイトへの掲載ならスーモ(suumo)かホームズ(HOME'S)のどちらかということになります。

スーモやホームズに掲載するには?ポータルサイトへの掲載方法と掲載終了となるまでの掲載期間

こういったポータルサイトへの掲載は、売主自身が掲載することは不可能で、
宅建免許をもっている不動産会社でなければ行えません。

またタダで掲載できるというわけではなく、不動産会社がポータルサイトに掲載料金を支払って掲載しています。

そして多くの場合ポータルサイトへの掲載は、無料で掲載されるポータルサイトが、売却のために必要なサービスとして、不動産会社ごとに決まっています。
つまり不動産会社と媒介契約を結んだ段階で、どのポータルサイトに掲載されるのかが決まります。

掲載料金は決して安いものではないので、すべてのポータルサイトに掲載してくれる不動産会社はまずありませんが、少なくとも1つ以上のポータルサイトへの掲載があるかどうか?不動産会社を選ぶ段階で確認しておくことが重要です。

また掲載期間に関しては、不動産会社とポータルサイトとの契約内容によって変わってきます。 多くの場合は売買契約を締結するまで掲載してくれますが、売却活動の要となるポータルサイトへの掲載期間ですから、いつからいつまでの期間掲載されるのか?媒介契約を結ぶ際に不動産会社に確認してみるのも良いでしょう。

2大ポータルサイト、スーモ(suumo)ホームズ(HOME'S)の掲載料金の仕組み

マンション売却におすすめのポータルサイト、スーモとホームズですが、実はこの両者では掲載料金の仕組みに大きな違いがあります。

スーモ(suumo)は従量課金制

基本的にポータルサイトへの掲載料金は、ひと枠いくらという形で広告枠ごとに1ヶ月単位で販売されています。 広告枠の大きさや位置など、掲載方法によって数万円から数十万円といったプランがあり、この広告枠を不動産会社が購入する形で、物件情報が掲載されます。 いわゆる【従量課金制】と呼ばれるもので、スーモへの掲載料金はこの仕組みです。

スーモ(suumo)

ホームズ(HOME'S)は反響課金制

対してホームズの掲載料金は【反響課金制】となっていて、掲載するところまでは無料ですが、物件に対する問い合わせが発生した段階で料金が発生するというもの。問い合わせによって発生した料金を不動産会社が負担するということになります。 ホームズの掲載物件数がずば抜けて多いのも、この反響課金制によるところが大きいといえます。

ホームズ(HOME'S)

スーモ(suumo)とホームズ(HOME'S)掲載期間と掲載料金の関係

不動産ポータルサイトの掲載料金は、スーモが採用している従量課金制であることがほとんどで、ホームズのような反響課金制を採用しているサイトは少数派といえます。

掲載期間が長ければ料金も高くなるのがスーモの従量課金制。
長い期間に渡って掲載されても問い合わせがなければ、料金が発生しないのがホームズの反響課金制。

どちらも不動産会社が負担することになる掲載料金なので、売主から見た場合にどちらが良いのか?一概にいえるものではありませんが、このような違いがあるということは頭にいれておきたいところです。

要注意!!売主が掲載依頼すると料金が発生する場合もある

ポータルサイトへの掲載料金は基本的に売主が支払うものではありませんが、
売主が掲載を依頼すると、料金が発生してしまう場合があります。

これは後で触れますが「特別に依頼した広告」に該当し、売主の料金負担としても良いことが、宅建業法で定められています。料金の発生なしにポータルサイトへの掲載があるかどうか、媒介契約をむすぶ前の段階で確認しましょう。

ポータルサイトへの掲載は信頼できる不動産会社選びから

このようにポータルサイトへの掲載は、売主が自由に選べるものではありません。 売却を依頼する不動産会社を選ぶ段階で、どのポータルサイトに掲載されるのかが決まってくるといえます。

売却活動をしっかりとしてくれる信頼できる不動産会社であれば、ポータルサイトへの掲載についてもしっかりと行ってくれます。
信頼できる不動産会社を探すならHOME4Uの一括査定サービスが便利です。

査定はもちろん完全無料でご利用できますから、まずは複数社からの査定額を知り、その上でどのポータルサイトへの掲載があるのか?を確認してみましょう。

HOME4Uで一括査定する HOME4Uで一括査定する

レインズや不動産会社の自社サイトとは別

ちなみにポータルサイトへの掲載は、業者間で物件情報を閲覧できるレインズや、
それぞれの不動産会社が運営する自社サイトへの掲載とは別のお話です。

どちらも掲載に費用はかからない上、レインズへの登録は媒介契約によっては義務付けられていますし、自社サイトへの掲載は仲介を依頼するなら当然といってもよいものです。

大手不動産会社の自社サイトは、物件掲載数もそれなりに大規模なので、ある程度のアピール力は期待できますが、アクセス数の点では主要ポータルサイトほどではないという点は頭に入れておきましょう。

折り込みチラシやポスティングなどの広告

ネット上で購入物件を探すのが主流ではありますが、
折り込みチラシやポスティングといった媒体での広告も重要です。

売却したいマンションの存在するエリア内で、マンション購入を検討している人に対しては、チラシなどの媒体のほうが効果が高い場合も多々あります。

チラシの広告料は必要か?

売却活動においてチラシを作ったり撒いたりする場合、この広告料は売主が負担しなければならないのでしょうか?これは基本的に不動産会社が負担することになっていて、必要となる印刷料金や人件費なども、売主が負担する必要はありません。

  • 売主が依頼した場合には料金が発生する場合もある

ただポータルサイトへの掲載と同様に、売主が依頼した場合には料金が発生する場合もあるので、これもまた媒介契約を結ぶ前に事前に確認しておきましょう。

不動産会社は仲介手数料以外の報酬を受け取ってはいけない

さて、ポータルサイトへの掲載、チラシなどの広告費、掲載料金などについて書きましたが、そもそも不動産会社は「仲介手数料以外の報酬を受け取ってはいけない」ことが、宅建業法によって定められています。

その例外となるのが売主が「特別に依頼した広告」であることも定められています。 不動産業者を選ぶ段階で、「特別に依頼した広告」にあたらない、ポータルサイトへの掲載、チラシでの告知などが、仲介手数料の中に含まれるのかどうか、事前にしっかりと確認しておくことがポイントです。

首都圏のマンション売却ならソニー不動産

ちょっと地域が限定されますが、
首都圏でのマンション売却ならソニー不動産がおすすめです。

東京、神奈川、埼玉、千葉のエリアの物件取扱いだけに特化した不動産会社ですので、首都圏のマンションを得意としています。

一括査定サイトとの提携はありませんから、一括査定サイトとあわせて査定してもらうことで、より高い査定額を得られる可能性が高くなります。

ソニー不動産の取り扱う物件をスーモ掲載物件の中に多数見ることができるので、スーモへの掲載も期待できる不動産会社といっていいでしょう。(媒介契約前に確認しましょう。)

もちろん査定は完全無料でご利用可能ですので、いくらで売却可能か知りたいというだけでもご利用できます。まずはソニー不動産の売却査定を。

ソニー不動産で一括査定する ソニー不動産で一括査定する