不動産売却・新築一戸建住み替えでの住宅ローンの注意点。つなぎ融資が必要となるケースも

マンションを売却して住み替えをする場合、
新居として新築マンション、中古マンション、中古一戸建て、新築一戸建てなど、さまざまな形態がありますが、ここで注意しておきたいのが住宅ローン融資についてです。

基本的に、住宅ローンは建物が完成している場合でないと融資を受けられません。

中古マンションや中古一戸建て、新築でもマンションであれば、建物が完成した状態での購入となりますが、 新築一戸建ての場合では、土地購入費用のほか、着工金、中間金といった支払いが必要となってきます。これらの費用を住宅ローンとして借り入れることはできないわけです。

  • 土地購入費用、着工金、中間金は住宅ローン利用不可

ですのでスムーズな購入という点では、これらの事前に必要となる費用を、自己資金として準備できるのが理想だといえます。

では、自己資金が用意できない場合には、どうすればよいのか?
この場合【つなぎ融資】という選択肢があります。

つなぎ融資はほとんどの場合、住宅ローンとセットになっているので、
つなぎ融資が利用可能な住宅ローンを選ぶことになります。

金融機関や商品によって、このつなぎ融資が利用できるものとできないものが存在するので、建物が完成する前に必要となる費用を、自己資金で用意できるかどうかで、住宅ローン選びにも大きく影響してくることを覚えておきましょう。

マンションが売れないと資金が用意できない
買い先行の場合のつなぎ融資

つなぎ融資は上記の場合のほかにも、
買い先行での住み替えの際にも利用できます。

住み替えの場合のマンション売却では、
マンションを売却したお金を新居の購入資金に充てるのが理想。

しかし現在住んでいるマンションを売る場合には、マンションが売れる前に新居を購入する買い先行とするほうが都合が良いケースもあります。

こういった買い先行での住み替えの際、新居の購入資金の一部としても利用できるのがつなぎ融資です。

住友不動産、東急リバブルなど大手不動産会社のつなぎ融資

不動産売却から住み替えの際のつなぎ融資ローンは、
基本的には銀行などの金融機関での融資となりますが、
大手不動産会社でも取り扱っています。

つなぎ融資が可能な大手不動産会社

  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 三井のリハウス
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産

ちなみにこれらのつなぎ融資のうち、自社による融資を行っているのは、
上記の中では東急リバブルのみで、三井のリハウスはアルヒ株式会社、
住友不動産販売、野村の仲介、三井住友トラスト不動産の3社は三井住友銀行からの融資となっています。

つなぎ融資を利用してのマンション売却
不動産会社選びが重要

新築一戸建てへの住み替えの場合には、建築期間があるため、中古物件への住み替えよりも多くの時間がかかります。これは言い換えれば、マンションの売却にじっくりと時間をかけられるともいえます。

しかし時間をかけられるとはいえ、新居の完成までに確実にマンションが売れるとは限りません。売却金額の面では仲介での売却が理想ですから、
やはり売却を依頼する不動産業者選びが重要になってきます。

査定額はもちろんのこと信頼できる不動産業者を選ぶなら

やはり一括査定で複数の業者への査定依頼をすることが、
よりスムーズにより高く売るマンション売却への第一歩。
数ある一括査定サイトの中でも、国内初の一括査定サービスであるHOME4Uなら、信頼できる不動産業者への査定依頼が一括でできます。

長年の実績に加え、運営するのはNTTデータ・スマートソーシングですから、ネット上で一括査定を利用する際の安心感も大きく違います。

もちろん完全無料での利用が可能ですので、マンションを売却したい。いくらで売れるのか知りたいという場合には、まずはHOME4Uの一括査定での査定依頼がおすすめです。

HOME4Uで一括査定する HOME4Uで一括査定する

予算を抑えるならパワービルダーによる新築一戸建て

新築一戸建ては大雑把に分類すると、ご自身で土地を購入し、設計やデザインなどにもご自身の意向を反映させるいわゆる注文住宅のほか、土地つきで完成した状態で売られている、いわゆる建売住宅などとよばれるものにわけることができます。

いうまでもなく注文住宅では費用は大きくなり、建売住宅のほうが費用を抑えることができます。特にパワービルダーと呼ばれる建売住宅を専門に取り扱っている業者の物件との価格差は大きく、場合によっては1,000万円もの差があります。

パワービルダーとは、床面積にして30坪程度の土地つき一戸建てを、2,000万円~4,000万円程度の価格で分譲販売する建売住宅の販売業者のこと。代表的な業者としては

  • 一建設
  • 飯田産業
  • アーネストワン
  • タクトホーム
  • あいディホーム
  • 東栄住宅

などがあります。
飯田産業さんは、テレビCMもやっているのでご存知の方も多いですね。
実はこの6社、飯田グループともよばれる関連企業であり、2013年に6社が経営統合を果たし独走状態となっています。

いわゆる建売住宅への住み替えを考えるなら、予算を抑えられるという点で、これらの勢いのある6社の物件を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

価格の高い首都圏での住み替えならソニー不動産

首都圏での新築一戸建て購入では、
予算的に建売住宅を選択するケースも多くなります。

首都圏でのマンション売却、一戸建てへの住み替えなら、
ソニー不動産がおすすめ
です。

原則両手取引を行わず、売主だけを担当する売却エージェント制度によって、
売主の立場を重視した売却活動が魅力。

一括査定サイトとの提携のない不動産業者なので、一括査定サイトとあわせて査定することで、より高い査定額が得られる可能性も高くなります。

もちろん完全無料でご利用可能です。
東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県でのマンション売却なら、まずはソニー不動産の売却査定を。

ソニー不動産に査定依頼する ソニー不動産に査定依頼する