一般的にはなじみの浅いレインズとは?

レインズとは、Real Estate Information Network Systemの略称であり、
国土交通大臣に指定された4つの指定流通機構によって運営されている、
全国の不動産会社が加入する不動産流通標準情報システムのことをいいます。

基本的に不動産業者のみが閲覧できる、不動産物件情報を取り扱うシステムなので、
一般の私たちにはなじみが浅いものです。

運営する4つの不動産流通機構

レインズを運営するのは、地域ごとに構成された不動産流通機構で

  • 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)
  • 中部圏不動産流通機構(中部レインズ)
  • 近畿圏不動産流通機構(近畿レインズ)
  • 西日本不動産流通機構(西日本レインズ)

これらの4つの不動産流通機構によって運営されています。
売買物件だけでなく、賃貸物件も掲載されていて、不動産業者間ではこのレインズをつかって物件情報を検索し、仲介業務を行うことになります。

専任・専属専任媒介契約であれば登録されるレインズ

マンション売却の場合では、専任・専属専任媒介契約を結んだ場合に、
レインズへの登録が義務付けられています。
一般媒介契約では登録は義務ではないものの、登録することが推奨されています。
しかし、ほとんどの場合は登録はないものと考えられます。

この点から考えると、専任・専属専任媒介契約で売りに出されている物件は、
基本的にすべてレインズに登録されて、不動産業者間で検索・閲覧が可能であるといえ、 専任・専属専任媒介契約を結ぶ際の大きなメリットのひとつともいえます。

媒介契約についてはこちらのページで解説しています。

物件情報が一般公開されるポータルサイトとはまったく別のもの

ちなみに私たちが売却相場を調べたり、物件情報を検索したりできるポータルサイト。 スーモ(suumo)、アットホーム(at home)、ホームズ(HOME’S)、ヤフー不動産(Yahoo!不動産)などで公開されている物件情報とレインズはまったく別のものです。

マンション売却では、これらのポータルサイトへの掲載があるかによって、購入を検討している人に物件情報が届くかどうかに大きな違いがでてきます。

レインズマーケットインフォメーションとは

このようにレインズは、不動産取引では不可欠ともいえる不動産情報データベースとして活用されているわけですが、このレインズでの取引事例をもとにした成約価格を、無料で一般に公開しているのがレインズマーケットインフォメーションです。

過去のマンションと戸建ての売買での成約価格を、都道府県、地域から検索可能で、 文字情報のみですが、最寄り駅、駅からの距離、所在地、単価、専有面積、間取り、築年数、成約時期、用途地域といった項目を閲覧することができます。

REINS Market Information
レインズマーケットインフォメーション

売り出し中の価格ではなく、成約価格が一般公開されているので、
同一エリアでの売却相場価格を調べる場合には、かなり信憑性の高い相場価格を知るための手段として活用できるサイトだといえますね。

売却相場を知るためにも活用できるHOME4U

マンション売却ではいくらで売れるのか?売却相場を知ることが重要です。 条件の近い物件をひとつひとつ調べて相場を知るのもよいですが、もっと簡単で確実に売却相場を知る方法が一括査定サイトです。

HOME4Uなら、1回の入力作業で最大6社への査定依頼が完了します。 もちろん無料でご利用可能なので、マンションがいくらぐらいで売れるのか知りたい。 価格によっては売らないかも・・・といった場合でも問題なく利用できます。

まずはHOME4Uの詳細ページを見てみてくださいね。

首都圏でのマンション売却ならソニー不動産

一括査定ではありませんが、首都圏でのマンション売却ならソニー不動産。 原則両手取引を行わず、売主の立場を100%尊重した売却エージェント制度や、 仲介手数料の割引サービスなど、おすすめできる特徴がたくさんあります。 一括査定サイトとの提携のない不動産会社なので、一括査定サイトからの申し込みでは出会えない不動産会社でもあります。

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県のマンション売却なら、まずはソニー不動産で査定してもらいましょう。