中古マンションでも新築同様にピカピカなほうが売りやすいのは当然

中古マンションを売却するにあたって、壁紙や床の傷みがひどかったり、キッチンやトイレなどが古くなっていたりしている場合、しっかりとリフォームをしてから売却しなければ売れないのではないか?と考えるケースが多いかと思います。

もちろんその通り、傷みや汚れの酷い箇所については、ある程度お金をかけてでも新品同様にピカピカな状態にまでリフォームを行っておいたほうが売りやすいことは確かです。

ただ新築のようにピカピカの状態にまでリフォームをした物件であっても、 売却価格も新築と同様というわけにはいきません。

というよりもむしろ、リフォームをしてもしなくても売却価格そのものは、ほとんど変わらないことがほとんど。売却相場はそれぞれのマンションの築年数に準じたものになります。

リフォームにかかった費用をマンション売却代金に上乗せした場合、かなり売りにくい
状況に陥ってしまう場合がほとんど。リフォーム費用の上乗せは基本的にできないと考えましょう。

リフォーム費用は上乗せできない

売りやすくなるからといって、大規模なリフォームをしても、その分の費用を上乗せして売却することはまず不可能ですから、リフォームを検討するならば費用対効果を考慮した範囲内でのリフォームに留めておくべきです。

買主によるリフォームも需要が高い

買主が販売時そのままの状態で、マンションを使用するとは限りません。
近年では、より自由度の高いリフォームやリノベーションを視野に入れた上で、
価格の安い中古マンションを購入を検討しているというケースも多くなってきています。

特にキッチン周りなどは、体格によって高さを変えたり、使う人の好みや趣味によって、さまざまな選択肢が用意されていますから、かえって下手にリフォームをしてしまわずに、 売りに出したほうが喜ばれる場合もあるほどです。

掃除やクリーニングなどは必要

住んでいる本人は、部屋のさまざまな汚れに慣れてしまっていて気がつきにくいものですが、マンション購入を考えている買主は、ちょっとした汚れもひと目で気付きます。 特に生活感のある汚れはあまり良い印象を与えません。

リフォームとなると費用がかかりますが、掃除やクリーニングといった費用をかけずにできることは、もちろんやっておくべきでしょう。

部屋のコンディションによっては壁紙(クロス)張り替えが必要な場合も

壁紙(クロス)の汚れもひどいものでなければ、クリーニングでなんとかなりますが、
タバコのヤニによる黄ばみなどがひどい場合には、壁紙の張替えだけはやったほうがいいケースもあります。

壁紙の張替えは、ご自身でも頑張ればできないこともないですが、仕上がりを考えると正直プロに任せたほうが無難だといえます。面積にもよりますが数万円~10万円以下程度で張替えが可能です。

どういったクリーニングが必要か否かは不動産会社としっかり相談

リフォームとまでいかないような簡易的なリフォーム、クリーニングなど、これらの作業がどの程度必要かどうか?これもやはり売却を依頼する不動産会社としっかりと相談して決めたいものです。

繰り返しになりますが、リフォームをすれば確実に売りやすくはなりますが、しかしその費用分を取り戻せるかという点は非常に難しいもの。

不動産会社では売り出すエリアでの、競合する物件についても把握している場合が多く、それらの物件と比較して、ギリギリの範囲だとしても売りやすくするためにはどういったことが必要か?アドバイスが得られることもあります。

例えば水周りのクリーニングや壁紙の張替えなどを安くやってくれる業者を、不動産会社が斡旋してくれるといった場合も考えられます。

HOME4Uの一括査定から不動産会社を探す

マンション売却時にリフォームが必要な状態か否かなど、相談可能な不動産会社のみと提携しているHOME4Uなら、安心してマンション売却をお任せできます。 無料で利用可能なHOME4Uでまずは一括査定を。

ソニー不動産の売却エージェントサービス

原則として両手仲介を行わないという、売主の立場を重視した売却エージェントサービスが特徴のソニー不動産。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県でのマンション売却なら、ソニー不動産への査定依頼を。