マンション売却での契約解除

マンション売却で売主と買主との間で売買契約書を結んだ後、どちらかの都合で契約を解除したい場合、基本的には契約時に支払われている手付金の扱いによってペナルティ(違約金)とし、契約を解除することができます。

  • 売主の都合による解除 ⇒ 手付金倍返し
  • 買主の都合による解除 ⇒ 手付金放棄

またマンション売買をはじめとする不動産取引では、大きな金額での取引となるため、現金での全額取引が困難であることから、買主は住宅ローンを利用するケースがほとんど。

住宅ローン審査が通らなかった場合には契約を白紙にできるという、住宅ローン特約が契約書に明記されることが多く、この場合には手付金の扱いも変わってきます。 売買キャンセルの場合の手付金の扱いについては、こちらのページに詳しく書いています。

手付金にによる契約解除は「履行の着手」まで

マンション売却では契約から引渡し日(決済日)まで、1ヶ月~2ヶ月程度の期間が設けられますが、この期間中ならいつでも手付金による契約解除が可能というわけではありません。

不動産取引において用いられる言葉として「履行の着手」があります。

民法557条1項による履行の着手とは

“ 客観的に外部から認識しうるような形で履行行為の一部をなし又は履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をした ”

場合となります。

非常にわかりにくいので、具体例として考えてみると、
売主側の履行の着手なら、買主の希望にしたがってマンションのリフォーム工事を行ったり、所有権の移転登記を行った場合など。
買主側の履行の着手なら、中間金の支払いを行った場合など。
(住宅ローン申し込みは該当しない)

このほかにも履行の着手に該当するケースは多くあり、すべての場合に客観的に外部から認識できるのか?履行行為の一部をなすのか?欠くことのできない行為なのか? 判断が非常に難しく、トラブルが起こった場合には裁判にまでもつれ込んでしまうケースも珍しくありません。

契約時に設定される「手付解除の期限」とは?

上記のように履行の着手であるのか判断し難いケースに備えて、
マンション売買契約では契約書内に「手付解除の期限」を設けることが多くあります。

不動産会社による媒介契約での取引の場合は、手付解除の期限は1ヶ月程度が一般的です。 ただ手付解除の期限までは、上記のように契約の解除が可能となってしまい、売主から見て不利な面もあるため、期限を1~2週間と短めに設定するかわりに、期限を経過した後の解約には違約金を設定するというケースもあります。

住宅ローン特約と手付解除の期限

くりかえしになりますが、マンション売買では住宅ローンで融資を受けることを前提に、契約を結ぶケースがほとんどです。この場合の手付解除の期限はどうなのでしょうか。

多くの場合、まずローン特約期限が1ヶ月程度、
その期限の直後に手付解除の期限が設定されることがほとんどです。

契約日

住宅ローン特約期限(約1ヶ月)

手付解除の期限(住宅ローン特約期限の直後、翌日など)

引渡し期限(決済日)

売買契約締結後の解約は売主も買主も負担が大きい

このように売買契約を結んだ後の解約は、手付金での解除のほか、違約金が発生するなど、 売主にとっても買主にとっても負担の大きいものとなります。

不動産業者を介しての売買取引では、違約金は売買代金の20%までと宅建業法によって定められているほか、手付金に関しては売買代金の20%以下、多くの場合は5%~10%である場合がほとんど。しかし20%以下といっても売買代金が高額となるマンション売買では、手付解除もしくは違約金の支払いどちらにしても厳しいものになります。

とはいえどうしても解約せざるを得ない状況の場合には、 一度契約を結んでしまったからには、どちらにも責任が問われるのは仕方のないことです。

売買契約を結ぶ際には、売主も買主も解約しなくてすむよう、マンションそのもの物件の確認や、売買金額について。そのほか契約書に明記されている違約金についてなど、しっかりと確認しておきたいものです。

トラブルに備えて信頼できる不動産会社を選ぶならHOME4U

マンション売却で不動産会社選びに不安があるならHOME4Uがおすすめです。
NTTデータ・スマートソーシングによって運営されているHOME4Uは、今でこそ数ある一括査定サービスの中でも、国内で最初にサービスを始めたいわゆる老舗。 信頼できる不動産会社を選ぶなら、長年に渡る実績を持つHOME4Uでの一括査定を。

売主だけを担当する売却エージェント制度が魅力のソニー不動産

ソニー不動産は東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の不動産取引に特化した不動産業者。原則として両手取引は行わず、売主だけを担当する売却エージェント制度が魅力です。 首都圏でのマンション売却ならソニー不動産での査定をお忘れなく。