物件が多い時期はやはり1月~3月

マンションをより高く売却したいなら、 売却の時期として最も良いタイミングで売り出したほうが有利です。 とはいえ売主としては引越しの時期なども関係するため、このタイミングにあわせて売却するのはなかなか難しいところ。

賃貸を含む不動産取引において、物件の流通量が最も多くなるのは、やはり1月~3月の春先。ついで9月~10月の秋頃。この2つのタイミングが不動産の繁忙期です。

不動産の繁忙期 ⇒ 1月~3月

ただこの時期は、特に賃貸物件の動きが激しいことで、一般的に不動産の繁忙期とされていて、マンション売却においても、確かにこの時期の流通量は多くなりますが、賃貸ほど大きな違いがあるというわけではないことも確かです。

供給の多い時期の売却をどう考えるか?

一般的に知られている不動産の繁忙期、この時期のマンションを売るということは、
供給の多い時期に売却するということになります。

例えば、同一エリアで競合するマンションが売りに出される可能性も高くなるともいえ、この点だけ考えるとあまり良い時期ではないともいえます。

ただマンションを探している人(需要)も同様に多いわけで、これは同一エリア内でマンションを探している人の絶対数についても同じことがいえます。

こうして考えてみると、1月~3月のタイミングでマンションを売り出すことが、
必ずしも良いタイミングだとは言い切れないのではないでしょうか。

不動産会社が力を入れやすい時期が良い時期

マンション売却では、不動産会社が行う売却活動によって、より高く売れたり、早く売れたりします。その点で不動産会社が力を入れる時期が、マンション売却の時期として最も良い時期ともいえます。

もちろん不動産会社は、時期によって力を入れる入れないなんて、考えてはいないでしょうけど、賃貸物件も同時に扱っている不動産会社では、売却物件の扱いが手薄になる可能性がないとはいえません。大手不動産業者ではこういったことはないかもしれませんが、 中小規模の不動産業者の場合には、注意が必要かもしれません。

そういった意味では、マンション売却時期よりも、不動産会社を選ぶことがより重要だともいえます。不動産会社選びに便利な信頼できる一括査定サイトはこちらがおすすめです。

実績と評判のHOME4Uで一括査定

長年の実績から高い評判を呼んでいる国内初、業界最大手の不動産一括査定サイトHOME4Uなら、信頼性の高い不動産業者に対して、1回の入力作業のみで簡単に一括査定依頼ができます。まずはHOME4Uで査定してみましょう。

マンションの取引に特化したマンションナビ

数ある不動産一括査定サイトの中でも、マンションの取引に特化しているのがマンションナビ。一括査定でより高い査定額を出した不動産業者の中から、依頼する業者を選びましょう。もちろん無料で利用可能です。

提携社数業界No.1イエウールで一括査定

提携する不動産会社1400社と、一括査定サイトの中でもナンバーワン。 あなたのマンションをより高く査定してくれる不動産会社がこの中にあります。 まずは一括査定サイト、イエウールの詳細を見てみてください。

首都圏でのマンション売却ならソニー不動産

一括査定サイトではありませんが、売主の立場を尊重した売却エージェントサービスが売りのソニー不動産。売却時期に関係なく売主の立場を考えた売却戦略で、マンション売却をお手伝い。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県でのマンション売却なら、ソニー不動産での売却がおすすめです。