マンション売却で訪問査定時にかかる時間、必要な書類は?掃除はしておくべきか?

マンション売却では、まず一括査定サイトなどを利用して複数社からの査定額を知ることがより高く売却するための第一歩。

この場合の一括査定サイトで知ることができる査定額はいわゆる机上査定。

机上査定とは実際に物件を内覧することなく、立地条件や、築年数、間取りなどの、机上でわかる情報のみから算出する査定のこと。
机上査定についてはこちらのページで詳しく解説しています。

対して訪問査定とは、不動産業者の営業マンが実際に物件を内覧して、
より正確な査定額を算出する査定方法
をいいます。

訪問査定に必要となる書類は?

一般的に訪問査定時には、
登記簿謄本、権利証、購入時の重要事項説明書などが必要となります。

訪問査定時の必要書類

  1. 登記簿謄本
  2. 権利証
  3. 重要事項説明書

物件そのものの内覧に加え、これらの書類を確認することで、より正確な査定額を算出するために必要となるものです。

ただし、必ずしもこれらの書類が必要になるという決まりがあるわけではなく、
訪問査定を行う不動産業者によって、必要となる書類に違いがある場合もあります。

訪問査定を依頼する際には、事前に業者に確認をとり、必要書類を準備しておくことが無難だといえます。

訪問査定(内覧)にかかる時間と査定額が算出されるまでの時間

訪問査定(内覧)にかかる時間としては多くの場合、数十分から長くても1時間程度です。査定を行う営業マンも、1件に対してそれほど多くの時間を割けるわけではありませんし、 物件の中(内装)の状況などを把握するには、それほど多くの時間は必要ないといえます。

多くの場合は、お仕事が休みの日などに訪問査定を依頼することになり、
複数社に訪問査定を依頼する場合には、業者ごとのスケジューリングも大事です。
同日中に複数社に訪問査定を依頼する場合なら、各業者ごとに1時間づつ程度の時間配分とすると、 効率的に訪問査定を行えるでしょう。

訪問査定では、査定額がその場で算出されることはほとんどなく、
多くの場合は、訪問査定から数日間~1週間程度の時間をかけて査定額を算出します。

上に挙げたような必要書類をチェックしたり、実際に売却できるか否か、周囲の競合物件との兼ね合いなど、より慎重に査定が行われるため、ある程度の時間が必要となってきます。

訪問査定の際に掃除はしておくべきか?

訪問査定の際は、なんとなく掃除をしておいたほうが良いかな?と思うものです。 もちろん日常的な掃除はしておいたほうが印象は良くなりますが、掃除をしたかどうかによって査定額が大幅に変わるようなことはまずないと考えてよいでしょう。

室内のちょっとした汚れなどは、売り出し前に掃除すればよいのです。 その反対にリフォームが必要であるなど、簡単に修復が難しい箇所、傷んでいる箇所などは、しっかり見られると考えましょう。

マンション売却時にリフォームが必要であるかについては、こちらのページで詳しく解説しています。

マンションを売るために必要なリフォーム費用をしっかりと把握するならリショップナビで一括無料見積り

マンション売却にあたってどの程度のリフォームが必要か?
また、どの程度の費用でリフォームが可能なのか?

しっかりと把握しておくことが重要です。

リフォームに関しても、複数のリフォーム会社に一括見積りが可能なサイトの利用がおすすめです。

リショップナビなら、全国1200社以上もの厳選されたリフォーム会社と提携し、
それらの会社を複数比較し、最大5社までの無料見積を行うことが可能です。

リショップナビで一括無料見積りする リショップナビで一括無料見積りする

訪問査定では物件を査定してもらうほかに営業マンを査定する
不動産会社の営業マンを見極めるポイント

そして物件を営業マンに査定してもらいながら売主がやるべきこと。
それは営業マンを査定することです。

査定というとちょっと大げさですが、信頼に足る営業マンであるか売主側からチェックするわけです。

まず基本的なことですが、宅地建物取引士の資格を持っているか?これは名刺を見れば一目瞭然です。実は資格を持っていなくても不動産会社の営業を行うことはできます。しかしやはり資格を持っている営業マンのほうが、信頼度もより高く知識も経験も豊かな営業マンであるといっていいでしょう。

宅地建物取引士の資格の有無

そして訪問査定中にあなたのマンションの売る方向性をしっかりと伝えましょう。
これに対しての対応でも、営業マンの資質がある程度わかります。

わかりやすく丁寧な説明をしてくれるかどうか?もチェックポイントです。

わかりやすく丁寧な説明をしてくれるか?

そしてなにより重要なのは、あなたの感覚で信頼できる雰囲気があるかどうか。
つまり相性が良いかどうか?です。細かい点を挙げれば他にももっとありますがやっぱり相性は大事です。

どうも波長があわないな~っていう人、だれでもいると思うんですが、そういう人にはあまり任せたくないですよね?この感覚ってとても重要だと思うんです。

売主と相性があうか

しかし、ただ相性が良い、雰囲気が良いというのは要注意です。

営業マンもプロですから人当たりについては気を配っています。人当たりは良いけれど仕事自体がいい加減という場合もあります。
相性が良いというよりも調子が良いだけの営業マンも少なからずいるでしょう。

このあたりはあなたが納得できるか否かという面もありますが、相性があうというだけで判断するのは危険だといえます。

不動産会社選びは評判だけでなく営業マンも重要

いくら有名な不動産会社、評判の良い不動産会社でも、
担当する営業マンがダメでは売れるマンションも売れません。

マンション売却の重要ポイントである不動産会社選びは、実は営業マン選びであるといっても過言ではありません。 不動産会社の選び方と同時に、信頼できる営業マンを選ぶことが大きなポイントです。

売主の立場を最優先するソニー不動産の売却エージェントサービス

売主の立場を最優先に考え、原則両手仲介を行わないことを謳っているソニー不動産不動産会社選び、営業マン選びで不安があるなら、ソニー不動産での査定がおすすめです。

対応エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県。
もちろん完全無料での査定が可能ですから、これらの首都圏エリアでのマンション売却をお考えならまずは査定依頼を!

ソニー不動産に査定依頼する ソニー不動産に査定依頼する

不動産会社が決定したらいよいよ媒介契約

そして訪問査定の査定額から、売却を依頼する不動産会社が決定したら、仲介での売却なら媒介契約をむすびます。 買取での売却では不動産会社が直接買い取ることになるので、媒介契約は必要ありません。

媒介契約についてはこちらのページで詳しく解説しています。

訪問査定してもらう前に一括査定でより多くの査定を

マンション売却ではより多くの不動産会社に査定してもらうことが重要です。

一括査定サイトは数多くありますが、NTTデータスマートソーシングが運営する老舗一括査定サイトHOME4Uなら、最大6社への査定依頼を一度の入力で行うことができます。

査定はもちろん完全無料でご利用できますから、まずは複数社からの査定額を知り、その上でどの不動産業者に訪問査定を依頼するのか?じっくりと吟味しましょう。

HOME4Uで一括査定する HOME4Uで一括査定する

マンション取引のみに特化した一括査定サイト「マンションナビ」

数ある不動産一括査定サイトの中でも、
マンションの取引のみに特化しているのがマンションナビ

提携しているのは約500社以上のマンション売却を得意とする不動産会社。
もちろん全国対応で最大9社からの査定をチェック可能です。

より高い査定額を出した不動産業者の中から、依頼する業者を選びましょう。
もちろん完全無料で利用可能です。

マンションナビ(.navi)で一括査定する マンションナビ(.navi)で一括査定する

提携社数業界No.1イエウールで一括査定

イエウールは提携する不動産会社1400社と、
業界ナンバーワンの提携社数を誇る一括査定サイト。

ただ提携している社数が多いというだけでなく、利用者からのクレームが多い業者は契約を解除するなど、独自の基準でよりよい不動産会社のみと提携しています。

あなたのマンションをより高く査定してくれる不動産会社がこの中にあります。
もちろん完全無料でご利用可能です。

まずは一括査定サイト、イエウールでより多くの査定価格を調べてみましょう。

イエウールで一括査定する イエウールで一括査定する

物件掲載数ナンバーワンのポータルサイト、ライフルホームズの一括査定

ライフルホームズは掲載料を反響課金制とすることで、物件掲載数ナンバーワンとして知られる国内最大級の不動産ポータルサイト。
そのライフルホームズでは一括査定サービスも行っています。

もともとHOME'Sというブランド名で運営されていて、2017年の4月にライフルホームズへと生まれ変わりました。

HOME'S時代からずっと一括査定サービスを行っており、その信頼性は折り紙つき。
あらゆる不動産情報を取り扱っているノウハウを活かして、その一括査定についても安心してご利用できます。

もちろん完全無料ですから、もしも一括査定で迷ったならライフルホームズの一括査定をおすすめします。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)で一括査定する LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)で一括査定する