訪問査定では物件を査定してもらうほかに営業マンを査定する

マンションを売る方向性がまとまったら、机上査定で選んだ不動産会社に訪問査定を依頼し、実際に物件を見てもらってより正確な査定価格を出してもらいます。

訪問査定の際は、なんとなく掃除をしておいたほうが良いかな?と思うものです。 もちろん日常的な掃除はしておいたほうが印象は良くなりますが、掃除をしたかどうかによって査定額が大幅に変わるようなことはまずないと考えてよいでしょう。

室内のちょっとした汚れなどは、売り出し前に掃除すればよいのです。 その反対にリフォームが必要であるなど、簡単に修復が難しい箇所、傷んでいる箇所などは、しっかり見られると考えましょう。

不動産会社の営業マンを見極めるポイント

そして物件を営業マンに査定してもらいながら売主がやるべきこと。
それは営業マンを査定することです。
査定というとちょっと大げさですが、信頼に足る営業マンであるか売主側からチェックするわけです。

宅地建物取引士の資格の有無

まず基本的なことですが、宅地建物取引士の資格を持っているか?これは名刺を見れば一目瞭然です。実は資格を持っていなくても不動産会社の営業を行うことはできます。しかしやはり資格を持っているかが、知識も経験も豊かな営業マンであるかどうかの一つの目安となります。

そして訪問査定中にあなたのマンションの売る方向性をしっかりと伝えましょう。
これに対しての対応でも、営業マンの資質がある程度わかります。
わかりやすく丁寧な説明をしてくれるかどうか?もチェックポイントです。

わかりやすく丁寧な説明をしてくれるか?

そしてなにより重要なのは、あなたの感覚で信頼できる雰囲気があるかどうか。
つまり相性がよいかどうかです。細かい点を挙げれば他にももっとありますがやっぱり相性は大事です。

どうも波長があわないな~っていう人、だれでもいると思うんですが、そういう人にはあまり任せたくないですよね?この感覚ってとても重要だと思うんです。

売主と相性があうか

しかし、ただ相性が良い、雰囲気が良いというのは要注意です。
営業マンもプロですから人当たりについては気を配っています。人当たりは良いけれど仕事自体がいい加減という場合もあります。このあたりはあなたが納得できるか否かという面もありますが、相性があうというだけで判断するのは危険だといえます。

不動産会社選びは評判だけでなく営業マンも重要

いくら有名な不動産会社、評判の良い不動産会社でも、担当する営業マンがダメでは売れるマンションも売れません。マンション売却の重要ポイントである不動産会社選びは、実は営業マン選びであるといっても過言ではありません。 不動産会社の選び方と同時に、信頼できる営業マンを選ぶことが大きなポイントです。

売主の立場を最優先するソニー不動産の売却エージェントサービス

売主の立場を最優先に考え、両手仲介を原則行わないことを謳っているソニー不動産。 不動産会社選び、営業マン選びで不安があるなら、ソニー不動産での査定がおすすめです。
東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県が対応エリアなので、これらのエリアでのマンション売却をお考えなら、まずは査定してもらってみてはいかがでしょうか。

不動産会社が決定したらいよいよ媒介契約

そして不動産会社が決定したら、仲介での売却なら媒介契約をむすびます。
買取での売却では不動産会社が直接買い取ることになるので、媒介契約は必要ありません。

媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあり、それぞれ一長一短ありますが、詳しくは別ページにて解説します。

訪問査定してもらう前に一括査定でより多くの査定を

マンション売却ではより多くの不動産会社に査定してもらうことが重要です。
一括査定サイトは数多くありますが、NTTデータスマートソーシングが運営する老舗一括査定サイトHOME4Uなら、最大6社への査定依頼を無料で行うことができます。